物品販売活動のページ


令和元年度夏季物品販売が始まりました!
注文等のデータはこちら


       
  趣意書          説明書 

        
   注文表        とりまとめ表 

葦の家では、「障がいがあっても地域の中でふつうの生活を」の理念のもと、障がいが重くても社会の中で働き、地域の中で暮らせる場として、これまで通所施設や住いの場を作ってきました。

 その一環として平成18年から利用者家族を支援するショートステイ(短期入所・日中一時支援)事業が始められ、家族がもしものときや介護疲れのときなどに一時的に預かってもらえる仕組みができました。それまでは兄弟、親族に頼るか、ボランティアで職員が預かるしかなく、地域生活の大きな壁になっていました。ショートステイは地域での生活を継続するためには不可欠なものであり、福岡市の調査でも利用者ニーズの高い事業ですが、採算性が合わない等の利用から撤退する事業所も多く、特に行動障がい等のある重度障がい児者が利用できる事業所は現在、わずかしか残っていません。葦の家でもショートステイ事業単体では赤字運営が続いており、法人内他事業所の応援があって何とか事業を維持している状況です。

 葦の家のショートステイ事業所内にある和室も、畳の表面が剥げ、その下の板材もひどく傷んでいる状態ですが、赤字運営であるため、修理に要する予算も確保できません。

今回、後援会ではこの畳の張替えや畳下の板材の補強工事など、ショートステイ事業の運営費用の確保を目的に物品販売活動に取り組みます。

 ご協力、よろしくお願いします。


後援会HOMEへ


 葦の家後援会 

福岡市城南区樋井川4-1-17

TEL :092-866-4842